浮竹十四郎

mdi-eye 217 mdi-folder-star-outline 0

浮竹十四郎(うきたけじゅうしろう)とは、少年漫画『BLEACH』に登場する人物。元護廷十三隊十三番隊隊長。朽木ルキアや志波海燕の直属の上司だった。京楽春水が同世代の親友であり、元総隊長の山本元柳斎重國を師と仰ぐ。

護廷十三隊
BLEACH
mdi-history 編集履歴

浮竹十四郎のプロフィール

身長 187cm
体重 72kg
誕生日 12月21日
所属 護廷十三隊十三番隊隊長・男性死神協会理事(理事長の可能性もあり)
斬魄刀 双魚理(そうぎょのことわり)
解号 波悉く我が盾となれ 雷悉く我が刃となれ『双魚理』(なみことごとくわがたてとなれ いかずちことごとくわがやいばとなれ)『~』
卍解 不明
趣味 盆栽
好きなもの 梅干し茶漬け(18巻)、おはぎ(カラブリ+)
嫌いなもの 無し
CV 石川英郎

浮竹十四郎とは?

浮竹十四郎とは、「BLEACH」に登場する死神の世界「尸魂界(ソウルソサエティ)」に存在する護廷十三隊の十三番隊隊長を務める死神です。

護廷十三隊の八番隊隊長「京楽 春水(きょうらく しゅんすい)」とは死神の養成学校である「真央霊術院(しんおうれいじゅついん)」の同期であり、そこでは一番隊隊長かつ総隊長だった「山本 元柳斎(やまもと げんりゅうさい)」より教えを受けていました。

その後は京楽と揃って、真央霊術院の卒業生としては初の護廷十三隊隊長となります。

京楽は八番隊隊長から後に一番隊隊長になるわけですが、護廷十三隊の最後の隊である十三番隊隊長が浮竹ということで、対になっているのも面白いですね。

浮竹十四郎の性格

そんな浮竹は明るく温和な性格の持ち主で、部下である十三番隊の隊員の多くから人望を集めています。

十三番隊は主人公「黒崎 一護」が死神になるきっかけとなった 準主人公「朽木 ルキア」の所属する隊でもあり、浮竹はルキアに対してもお父さんのように優しく接しています。

身長は187cm、体重は72kgとかなり体格は良いのですが、

実は浮竹は肺に病を抱えており、それが原因で度々、寝込んでしまっている病弱な設定です。

トレードマークである長髪の白髪もこの病気の影響であり、隊長となった現在でも体力には不安があるとされてます。

アニメ版担当声優は「NARUTO」の「うちは イタチ」役などを演じている「石川 英郎(いしかわ ひでお)」さんが務められています。

浮竹十四郎の初登場

浮竹十四郎は、自身の名前にも入っている数字であるコミックス14巻にて初登場しました。

第2章「尸魂界篇」にて、後に護廷十三隊を裏切ることとなる、五番隊隊長「藍染 惣右介(あいぜん そうすけ)」の陰謀により、ルキアが処刑されるといった状況の中、病にふせって自由に動けないという制約はあるものの、彼女の処刑に疑問を感じ、京楽と共に真相を調査していました。

ルキアを助けに尸魂界に侵入した、主人公「黒崎 一護」を見た際には、かつての自身の隊の副隊長で亡くなってしまった「志波 海燕(しば かいえん)」の容姿と酷似していたことに驚いていました。

「尸魂界篇」の終盤では京楽とともルキアの処刑道具を破壊し、山本総隊長と対峙するなど、護廷十三隊と敵対する行動をとっています。

ただ最終的には、五番隊隊長・ 藍染惣右介の裏切りが発覚したためにその行為は不問となり、一護とその仲間達ともいつのまにか打ち解け、一護が現世へ帰還する際には死神代行として行動しやすくなるように「死神代行証」を渡してくれました。

浮竹十四郎の過去

浮竹は下級貴族の出身であり、幼い頃から肺に病気を抱えていました。

3歳のころに重い肺病を患い、死ぬはずだったところを、「東流魂街(ひがしるこんがい)」の「逆骨(さかほね)」に伝わる土着神(どちゃくしん)「ミミハギ様」を肺に憑依させることで命を繋ぐことに成功します。

その後、霊圧の力で身体を動かせるようになると、「真央霊術院」に入学し、卒業後に十三番隊長になると朽木ルキアや志波海燕などを部下としました。

海燕に関しては妻を殺した仇である虚(ホロウ)の「メタスタシア」との戦いの末、最終的に亡くなってしまいます。

その際、浮竹やルキアもその場にいて、ルキアが海燕を助けようとした際に、戦いには「命を守るための戦い」と「誇りを守るための戦い」の2種類あり、戦う者はそれを見極められねばならないと教えを説いてくれました。

また浮竹の過去の話としては、初代死神代行として活躍していた銀城空吾との関係もあげられます。

この二人の間には、とある人物のせいで確執が生じていました。

その話に関しては銀城の動画の方で解説したので、詳しくはそちらを参考にしてみてください。

浮竹十四郎の正体

浮竹が幼い頃、その身に宿した「ミミハギ様」ですが、その正体は「霊王の右腕」と呼ばれるものでした。

かつて、現世、尸魂界、虚圏が存在しておらず、生と死が明確に分かれていなかった時代に、「霊王」という人物がいました。

「霊王」は人・死神・滅却師(クインシー)・完現術者(フルブリンガー)の全ての能力を併せ持っていた存在です。

しかし、霊王が創る世界を良しと思わなかった五大貴族の祖によって、人柱として封印されたあげく、手足など各部位をバラバラにされてしまい、その際に落ちた右腕が「ミミハギ様」としてまつられるようになりました。

霊王の体はバラバラになっても強力な力を持ち続けており、「ミミハギ様」は眼以外のすべてを捧げた者に加護をもたらすと伝えられています。

浮竹はそんなミミハギ様に肺をささげたことで重い肺病だったのにも関わらず、生き延びることに成功したというわけです。

浮竹十四郎の戦闘能力

「BLEACH」の公式ファンブック「カラブリ+」に載っている浮竹の戦闘データによれば

  • 攻撃力:90
  • 防御力:90
  • 機動力:70
  • 鬼道・霊圧:100
  • 知力:100
  • 体力:40

となっています。

注目すべきは鬼道・霊圧の数値が100になっていることです。

コミックス68巻で、実は浮竹は隊長格の中でも群を抜く霊圧の高さを誇っていたことが明かされています。

おそらく、その霊圧の高さは「霊王の右腕」を宿していたことも関係していることでしょう。

浮竹の戦闘シーンは多くありませんが、護廷十三隊の隊長たちの中では京楽と並んで隊長歴が長く、病弱でありつつも250年以上隊長を務められていることから、強力な実力を秘めているのは間違いなさそうです。

一方で、戦闘中に吐血してしまう等、やはり体力の数値はかなり低く、長時間の戦闘には耐えられないものとみられます。

  

浮竹十四郎の始解

浮竹の斬魄刀の始解は「双魚理(そうぎょのことわり)」であり、解号は「波悉く(なみことごとく)我が盾となれ 雷悉く(いかずちことごと)我が刃となれ」。

同じく解号が長い京楽春水が持つ「花天狂骨」とあわせて、尸魂界では2本しか確認されていない二刀一対の珍しい斬魄刀とされており、二つの刀の柄が紐で繋がれた外見をしています。

能力は「霊力を使用した攻撃の吸収と放出」。

要するに攻撃を反射する能力で、片方の刀で攻撃を吸収すると、5枚の札の能力で出力の調整・タイミングの変更を行い、攻撃を変質させたうえでもう片方の刀から打ち返すことで、単に攻撃を跳ね返すにとどまらず、相手が読みにくい反射攻撃を行うことができます。

「双魚理」はコミックス18巻にて初登場しましたが、ここでは能力が判明していません。

能力が明かされる前の段階のゲームでは、解号にちなんだ雷や水の技を使用していたりしたそうです。

原作漫画でその能力を発揮したのは、第3章「破面(アランカル)篇」の最中であるコミックス42巻。

護廷十三隊を裏切った藍染が、破面(アランカル)を率いて一護たちの住む「空座町(からくらちょう)」を襲撃してきた際に、破面の中でも特に殺戮能力の優れた「十刃(エスパーダ)」の1人、第1十刃(プリメーラ・エスパーダ)の「コヨーテ・スターク」と対戦した時に披露しました。

強力な霊圧を用いた攻撃、「虚閃(セロ)」を連射してくるスタークに対し、京楽をかばう形で割って入り、虚閃を跳ね返しています。

スタークには何発か虚閃を跳ね返したところで特性を理解され、一度吸収するのであれば、その吸収力には限度があるため、虚閃を1000発ぶち込めば突破できるだろうと推測されます。

ただ浮竹はその後、乱入してきた破面「ワンダーワイス」に不意打ちを受け、戦線離脱してしまったため、双魚の理の真価はよくわからずに終わりました。

ちなみに浮竹の誕生日は12月21日となっているんですが、月と日付の数字がひっくり返っているのは「双魚理」の反射の能力とかけられていたりしたら面白いですね。

浮竹十四郎の卍解

斬魄刀の更なる力を解放した形態である卍解ですが、浮竹の「双魚理」の卍解は作中では登場していません。

しかし、護廷十三隊の隊長となるためには、原則的に卍解を習得している必要があり、作中では十一番隊隊長「更木 剣八(ざらき けんぱち)」以外は卍解を取得していることが明かされているため、浮竹も卍解が可能であることは判明しています。

ほとんど情報は明かされていませんが、浮竹の卍解は身体への負担が大きいものだとされているので、浮竹には病弱設定があったこともあり披露されなかったのでしょう。

ちなみに、アニメオリジナルキャラに九条望実(くじょう のぞみ)というキャラが存在し、彼女の斬魄刀『退紅時雨(あらぞめしぐれ)』の能力は双魚理に似ています。

その能力は「相手の攻撃や霊圧を吸収し、自分の霊圧に変えて溜めることで、任意のタイミングで放出できる」というもので、霊圧も吸収できる分、下手したら双魚理より高性能かもしれません。

浮竹の卍解は少なくとも『退紅時雨(あらぞめしぐれ)』よりはハッキリ強いと言える能力であってほしいですよね。

双魚理の謎

 双魚理は尸魂界で2本しかないとされる二刀一対の斬魄刀ですが、実はブリーチ完結後に発売された小説「can't fear your own world」の方で、京楽春水の口から二刀一対の斬魄刀はそもそも存在しないと明かされています。

京楽の花天狂骨は片方の刀から2本目が生み出されたそうで、浮竹の双魚理は「霊王の右腕」であるミミハギ様の影響で2本目が誕生したとのこと。

霊王の右腕といえば、「静止」を司っているとされていますが、 そのことから浮竹が生きているのは霊王の右腕によって病気が静止されたからだとも言われてます。

もし双魚理が「霊王の右腕」の影響を受けているのだとしたら、 相手の攻撃を吸収して止めるという能力は、霊王の右腕の「静止」にかかっているのかもしれませんね。

浮竹十四郎の黒幕説

実は本編がまだ連載されていた頃、浮竹十四郎は全ての黒幕的な存在なのではないかという説が浮上していました。

その理由としては、 

  • 隊長格の中でもバトルの描写が極端に少ない
  • 藍染が霊王の居城に攻め入るために作ろうとした「王鍵(おうけん)」に関する情報を閲覧したことがある
  • 「双魚理」の反射の能力は、藍染が持つ「鏡花水月」の完全催眠の能力を反射できる可能性がある
  • 監視機能がついた死神代行証を「黒崎一護」や「銀城空吾」に渡していたこと

などがあげられます。 

このうち代行証の件は後に小説で真相が明かされていて浮竹の潔白が証明されてます。

結果的に浮竹は黒幕でもなんでもなかったわけですが、藍染も最初は人格者のように描かれていただけに確かに黒幕キャラっぽいといえるのかもしれません。

mdi-comment-text-multiple-outline みんなのコメント

記事作成手順 ガイドライン 利用規約 お問い合わせ 2021 - コミックWiki