朽木ルキア

mdi-eye 158 mdi-folder-star-outline 0

朽木ルキア(くちき ルキア)とは漫画「BLEACH(ブリーチ)」に登場する準主人公格の女性死神。ルキアのプロフィール、過去、斬魄刀、恋愛模様について解説します。

朽木家
BLEACH
mdi-history 編集履歴

BLEACHの準主人公「朽木ルキア」とは?

rxqp1CsJ3MbsuTEdxEbjRnbmdbWQdxEGqSbBu7xz.jpeg
©BLEACH/久保帯人
  • 名前:朽木ルキア(くちき るきあ)
  • 性別:女性
  • 誕生日:1月14日
  • 身長:144cm
  • 体重:33kg
  • 好きなもの:キュウリ・白玉あんみつ
  • 趣味:高いところに登ること
  • 所属:死神・護廷十三隊十三番隊隊員→護廷十三隊十三番隊副隊長→護廷十三隊十三番隊隊長

 

朽木ルキアは、漫画作品「BLEACH」に登場するキャラクターです。

主人公「黒崎一護(くろさき いちご)」と初めて出会った死神と呼ばれる立場に立つ人物であり、一護が死神の世界に足を踏み入れるきっかけを作った女性です。

彼に死神の力を貸し与えたことが物語の始まりであり、一護の人生を大きく変化させるきっかけとなった、始まりの人物であると取れます。

立場的には準主人公であり、ヒロインではないと明言されていますが、ポジションや活躍を見るとヒロインとも言えるのではないかと考えられる描写が多々あります。

兄は護廷十三隊六番隊隊長である「朽木白哉(くちき びゃくや)」、幼なじみは白哉の部下である護廷十三隊六番隊副隊長の「阿散井恋次(あばらい れんじ)」です。

ublhVHcTmcYNqrq5ykjnIdVYcjqxlS12AquZUS0Z.jpeg
©BLEACH/久保帯人

一護の妹であり、小学五年生であった「黒埼遊子(くろさき ゆず)」の寝巻がぴったり着れる程小柄な体格をした女性ですが、その態度は育ちのせいか尊大です。

常に古風な男口調を使い、強気な態度を取るものの、その心根は優しく、繊細な一面も持ち合わせています。

基本的には男勝りではあるものの、実は可愛いものには目が無く、特にウサギをモチーフとしたものを好む傾向にあります。

また、本人は自覚がありませんが、イラストはあまり上手とは言えず、美的感覚も他人とはズレていて、他人にその部分を突っ込まれることも描写されました。

 

作中登場当初は護廷十三隊でも席官となっていませんでしたが、コミックス49巻から開始された「死神代行消失編」からは護廷十三隊十三番隊副隊長に就任、BLEACHの最終話であるコミックス74巻686話で描かれた10年後の世界では同隊の隊長に就任したことが明らかになっています。

0yOWdbWi08EDxJEUBQEI4J2mtVI4gGDsR0SAXeiy.jpeg
©BLEACH/久保帯人

朽木ルキアの過去

実は兄である朽木白哉とは血が繋がっておらず、朽木家の養女であり、義理の妹であることが判明しています。

朽木ルキアの出身地は、流魂街でも治安がかなり悪い「南流魂街78地区・戌吊(みなみるこんがい 78ちく いぬづり)」という場所であり、ルキアは当時その戌吊で幼なじみである阿散井恋次やその他の仲間たちと暮らしていました。

k035ozrXUjLnIQJ28o08DLAks8kYUqw7pU4bWP4d.jpeg
©BLEACH/久保帯人

ですが、治安の悪い場所での暮らしは過酷であり、ルキアと恋次を除く仲間たちは次々と死亡してしまいます。

そんな中で死神となる才能を持ち合わせていたルキアは、生きるために恋次と共に死神になることを決意します。

 

死神の学校である真央霊術院(しんおうれいじゅついん)に入学したルキアでしたが、突如彼女らの前に現れた白哉によって朽木家へと迎え入れられ、彼の義理の妹として生活を始めることになります。

実は白哉はルキアの実の姉である「緋真(ひさな)」と夫婦でありましたが、緋真は白哉との結婚後5年後に死亡しており、遺言として「妹を見つけて守ってほしい」と残し、息絶えていたのです。

7kNNpk4ZHi0ZXc3vx2JJ5JWGctjOQGs68MLRvi14.jpeg
©BLEACH/久保帯人

緋真はかつて断腸の思いでルキアを戌吊に捨てたことを後悔しており、ルキアに姉のような顔は出来ないと語っていました。

そのため、緋真はルキアに姉の存在、自身の存在を隠すよう言い、白哉を兄と呼ばせて欲しいと願ったのでした。

朽木家に迎え入れられたルキアは、尸魂界(ソウルソサエティ)でも指折りの貴族であった朽木家の一員となったことで、周囲からは畏れ多いと距離を置かれ、幼なじみであった恋次とも次第に距離を取っていくのでありました。

その後、ルキアは真央霊術院を卒業し、望み通りに死神となります。

ですが、彼女を守ってほしいという言葉を受けた白哉の根回しによって、席官クラスの実力を持ちながらも一般隊員として護廷十三隊に入ることとなりました。

更には危険な任務につくこともなかったようです。

隊員として就任した先は兄の隊ではなく、「浮竹十四郎(うきたけ じゅうしろう)」率いる十三番隊でした。

そこで当時の十三番隊副隊長である「志波海燕(しば かいえん)」と出会います。

MnbLxXAzJrWws8uEpxnTTlZuX3N0lc8dkjs5EBhU.png
©BLEACH/久保帯人

気さくで面倒見が良い兄貴分であった海燕は、朽木家の出身であるルキアにも分け隔てなく接し、ルキアも彼の人柄に惹かれて慕うようになります。

ですが、ある日海燕は自身の妻である「志波都(しば みやこ)」を殺した虚(ホロウ)「メタスタシア」に融合され、虚へと変化しかけてしまったのです。

虚になってしまう前に融合した海燕ごとメタスタシアを殺さねばならぬ状況となってしまい、ルキアはやむなく彼を自らの斬魄刀(ざんぱくとう)で刺し殺すことになります。

この事件は後に「志波海燕殉職事件」と呼ばれ、ルキアの心の中に自責の念として長らく遺恨を残し続けることとなりました。

 

そのような大きなトラウマを残したルキアは、黒崎一護らが住む空座町(からくらちょう)へと短期の現世駐在任務に赴きます。

そこで偶然黒崎家に入り込んでしまい、同じく黒崎家に入ってしまった虚から黒崎家の人間を守るために重傷を負ったことで戦闘不能となってしまいます。

ルキアは一か八かの方法で、庇った一護に自らの死神の力を明け渡し、彼を死神代行として覚醒させました。

 

これがBLEACHの物語の始まりです。

朽木ルキアの斬魄刀は?始解と卍解の能力とは?

UmR4tgG3iLDYGdViwJiuhysKndKRGrgq0XAkUF2K.jpeg
©BLEACH/久保帯人

朽木ルキアは死神としての力を取り戻したコミックス第23巻及びアニメ版117話の破面(アランカル)メンバー「ディ・ロイ」との対峙より斬魄刀での戦闘を行っています。

それ以前は死神としての力が失われていたため、主に得意であった鬼道を利用して黒崎一護のサポートを中心に戦闘を進めていました。

 

登場当初から破面編終了である単行本48巻までは一般隊員であったため、実力も相応であったかと思いきや、実は席官クラスの実力があると判明しており、発動時間が短縮されるものの威力が安定しにくい鬼道の「詠唱破棄」や、二つ以上の鬼道を同時発動させる「二重詠唱」が行えるなど、鬼道の達人レベルであるとも取れる描写がされています。

作中で副隊長に就任したとはいえ、登場当初から高い技術を持っていたことが伺えることから、若くして才気ある死神だったのではないかと推測されます。

朽木ルキアの始解は?

PYxqpmiHerTs3IiNQS34olGiY0qzewKAUkss4foL.png
©BLEACH/久保帯人

朽木ルキアの扱う斬魄刀の始解(しかい)は「袖白雪(そでのしらゆき)」という名称です。

解号は「舞え」で、封印を解除すると刀身から柄、及び柄についた飾り帯まで純白に染まった刀になります。

作中現存する斬魄刀において、最も美しいと称されている氷雪系の斬魄刀です。

 

登場当初の能力は「冷気を操る」ものであると描写されています。

刀で突いたり描いたりした斬撃地点より冷気を噴射し、凍結させるという技を使用しています。

その凍結能力は高く、陸だけでなく上空に回避した敵すらも冷気で氷漬けにしたこともあります。

 

ですが、実は前述の能力は本来の能力ではなく、本来の能力は「所有者の体温を絶対零度まで下げることが可能」というものです。

自身の体を絶対零度にまで凍てつかせ、触れたものすべてを凍結させることが出来るようになるというものでした。

斬魄刀はあくまで凍結させる範囲を延長させるための腕でしかなく、冷気を用いた技もその応用だったのです。

また、所有者の体温を下げる能力の応用で、自身の霊子を制御すれば一時的な死亡と同様の状態にすることも出来ると描写されています。

 

ちなみに、斬魄刀に宿る意思が実体化したアニメオリジナルエピソード「斬魄刀異聞編」では白い着物を纏った美しい女性として描写されており、名実ともに尸魂界で最も美しい斬魄刀であることを見せつけました。

clVZh2Swk0XOisYj5DHcojmxnLQMW7aduueoSirc.jpeg
©BLEACH/久保帯人

朽木ルキアの卍解は?

DDzK5JzyEhL4iJhgg6DcMlgZC7fMPoNEaeEeUlto.jpeg
©BLEACH/久保帯人

朽木ルキアの使用する袖白雪の卍解(ばんかい)は、「白霞罰(はっかのとがめ)」です。

解号は不明となっています。

発動するとルキアが斬魄刀異聞編で実体化した袖白雪のような白い着物を纏い、氷の髪飾りをつけた白髪の姿となります。

 

詳しい能力解説はされていないため、あくまで描写からの推測となりますが、その能力は「発動と同時に能力が及ぶ範囲全域を一瞬で氷結させる」という物であると描写されました。

凍り付いた存在は一瞬で氷の塵となって霧散する程であり、かなり強力な力を秘めた卍解であると思われます。

 

ですが、発動までには冷気を体に馴染ませて徐々に体温を下げていく必要があり、いきなり卍解を使用することは出来ません。

更には体温を下げた状態では活動時間に制限がかかり、最大級まで体温を下げた場合はたったの4秒しか動くことが出来ないようになってしまいます。

そして極めつけには発動後卍解を解除する場合は、下がった体温を徐々に戻していつもの通りにしなければならず、いきなり解除してしまうと体組織が崩壊して死亡する可能性があるという面倒な制約が存在します。

「発動までに時間がかかる」「発動後は活動時間に制限がかかる」「発動後解除方法を間違えば死ぬ危険性がある」と、作中登場した卍解の中でも屈指の面倒な性質を持ち、扱いにくい卍解の一つに数えられています。

4y8JEjzz628ArnBtVC5s5N5UO2AJKC3dV09khJOD.jpeg
©BLEACH/久保帯人

攻撃性能は高いものの、非常に制約が多く、挙句は攻撃範囲も無差別であると推測されるため、一対多の状況で真価を発揮するとも考えられます。

 

しかしルキアは卍解を習得したばかりのため、扱いきれなくてこのような不便な性質の卍解となってしまっている可能性があります。

ルキアは作中10年後の後日談にて隊長に就任しており、その時にはある程度修行によって扱えるようになっているとも考えられます。

ルキアを巡る恋模様!?ルキアと男性関係について

1CrSUSncakLpZad9ERGdwuREs9BzCZ3jJIEk0ONR.jpeg
©BLEACH/久保帯人

BLEACHの準主人公格である朽木ルキアは、当然様々なキャラクターとの交流が描かれています。

その中には異性との交流もあり、異性と強い絆で結ばれていると描写されている面もあります。

一見恋愛関係に見えるものも存在し、彼女を巡る男女関係はファンの間でも注目される要素の一つでした。

それではそんな朽木ルキアと関係が深い人物と恋愛模様について見ていきましょう。

黒崎一護と朽木ルキア

uhQewqqbEK9DngmB4vLMqq5QtBwCnUEfXbNnnv3I.jpeg
©BLEACH/久保帯人

黒崎一護と朽木ルキアは、強い絆で結ばれた唯一無二のパートナーであると言えます。

二人の出会いからBLEACHの物語は始まっており、最終的には互いに肩を並べて戦える程に成長を見せています。

ルキア自身も「初めて会った時から信頼できる」「特別な絆を感じる」と言っており、彼らの出会いは運命であったことを思わせています。

一護にとってのルキアは「家族を救う力をくれた恩人」であると言え、ルキアも一護が何度も窮地を救ってくれた恩人であるとも言えます。

その絆と信頼感は読者にとって時に淡い恋愛関係にも見え、一護と彼女が恋愛関係になることを期待する読者も多数存在しました。

阿散井恋次と朽木ルキア

V6jojF5yuhlQTgqTB4JQJY4PHy2bRIhqrCOjEi2N.jpeg
©BLEACH/久保帯人

阿散井恋次と朽木ルキアは、同じ流魂街で育った幼なじみです。

一時期は真央霊術院でのクラス分けやルキアの朽木家入りなどもあって疎遠になっていたものの、その後ルキアの処刑騒動を通じて確執を乗り越え和解し、以降は仲の良い様子を見せています。

恋次が黒崎一護と関係が深い友人でありライバルであることもあり、現世への派遣時や戦闘時も一護やルキアと共に恋次が行動することも多くなります。

ルキアや一護とは一時期敵対関係にあったものの、その胸の内にはルキアを気遣う心が燻っており、彼がルキアを想っているような描写も見られました。

そのことから、ルキアと恋次に恋愛関係を見出す読者も存在し、ルキアと恋次が恋愛関係を築くのではないかと予想している読者もいました。

朽木白哉と朽木ルキア

VHy0n7C5E4Q1ciDTzORLbJrym85H3semWtTpt0ep.jpeg
©BLEACH/久保帯人

朽木白哉と朽木ルキアは、朽木家の跡取り息子と養女という関係であり、義理の兄妹でもあります。

朽木ルキアの姉、朽木緋真は朽木白哉の妻でしたが、彼女は白哉と結婚した後に5年で病に倒れて死亡してしまいます。

今際の時に緋真は白哉にルキアを守ってくれるよう願っています。

それを受けて、白哉はルキアに過保護なまでの根回しを行い、徹底的に危険を遠ざけるように動いていたようです。

一時期は敵対したものの、ルキアの処刑が阻止された後からは互いに多大なブラコンとシスコンを露わにしており、非常に仲が良い様子を見せています。

また、作中ではあくまで仲睦まじい兄妹として描写されているものの、白哉の妻であった緋真がルキアそっくりだったこと、義理の兄妹で障害はないことから、この二人で恋愛模様を妄想する読者も存在しました。

志波海燕と朽木ルキア

6j3q5BiVoDP6oWDM05BlF3IXW5CMpPclhYhJjvS9.jpeg
©BLEACH/久保帯人

志波海燕と朽木ルキアは、十三番隊に所属する同僚でした。

ルキアは自身にも分け隔てなく接する海燕を慕っており、また海燕もルキアを可愛がり、斬魄刀の使い方や技を共に編み出すなど、面倒を見ていました。

ルキアが海燕に対して淡い想いを抱いていた可能性があり、組み合わせ的にも人気はあるものの、海燕には都という妻がおり、もしルキアがそのような想いを抱いていたとしても実ることはなかったでしょう。

コンと朽木ルキア

spiMOwBINk0PECTW6TnF2wP4uRMBNIISJrOBSBNj.jpeg
©BLEACH/久保帯人

コンは「改造魂魄」と呼ばれる存在の中でも対虚用に調整された戦闘用改造魂魄です。

黒崎一護が死神代行の仕事をする際に一護の代役として活動を行う役割を担っていますが、普段はライオンのぬいぐるみに入って活動を行っています。

元は処分される筈の存在でしたが、ルキアに引き取られたことで処分を免れ、以降はルキアを「姐さん」と呼んで慕っていると描写されています。

普段巨乳にしか興味を示さないコンですが、ルキアだけは特別であり、ルキアにだけは熱烈なアピールをしているような様子が見られます。

そのため、ルキアに対しては特別な感情を持ち合わせていることが伺えますが、ルキアからは全くその気はなく、また普段はぬいぐるみ姿であるためか、読者にも流石にあまり恋愛模様について言及されることはなかったようです。

結局ルキアは誰を選んだ?

tKIeBtJHEtz0u8bw9YU9JUT1uGparTCzMPVDo0AK.png
©BLEACH/久保帯人

朽木ルキアは10年後を描いたBLEACHの最終回において、阿散井恋次と結婚したことが明言されています。

幼なじみであった彼と恋愛結婚をし、「阿散井苺花(あばらい いちか)」を生んでいます。

1r8fhv67NM4qrfq7REpLXlwLSXuamKpHOokmrH1l.jpeg
©BLEACH/久保帯人

つまり、10年後の世界でルキアは護廷十三隊十三番隊隊長でありつつ、一児の母であるということになります。

また、原作者である「久保帯人(くぼ たいと)」さんが完全シナリオ監修を行った小説「BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU」は恋次とルキアの結婚式に関する物語となっています。

 

尚、ルキアと恋次の結婚が明言された際、ルキアと黒崎一護が結婚すると思っていた過激な読者が内容を批判し、ルキアと恋次の結婚を喜んでいたファンを巻き込んで荒れたことがありました。

ネット上では未だに二人のカップリングについて荒れる時があり、結婚が明言されても根強い人気のある組み合わせであったことが露見しています。

まとめ

漫画作品BLEACHの準主人公的な役割を担っていた女性死神「朽木ルキア」について見てきました。

原作開始当時より主人公である黒崎一護と深い交流を繰り返し、高い人気を誇るキャラクターであった朽木ルキア。

本人の能力もさることながら、その斬魄刀も見た目の美しさや能力から非常に人気が高くなっています。

人気の高いキャラクターであったからこそ、数多くの男性キャラクターとの関係が気になっていたという読者が多く、彼女の恋愛模様を気にする読者が多かったのではないでしょうか。

その他朽木ルキアについて考察などありましたら、是非ともコメント欄にお寄せいただければと思います。

mdi-comment-text-multiple-outline みんなのコメント

記事作成手順 ガイドライン 利用規約 お問い合わせ 2021 - コミックWiki