呪術廻戦135話のネタバレと考察

mdi-eye 242 mdi-folder-star-outline 0

この記事では、脹相の「存在しない記憶」や裏梅の術式が明かされるとともに、最後には特級呪術師 九十九由基が登場した呪術廻戦135話について解説・考察していきます!

mdi-history 編集履歴

虎杖と脹相は本当の兄弟?

pDWj4ZwZlTnYMmlrwiCgr2544o2d3bFb0ghf6Ogu.png
©呪術廻戦/芥見下々

虎杖と戦っている最中に、突如彼と兄弟だったという「存在しない記憶」が浮かび上がっていた脹相ですが、それが脹相の術式も影響していることが判明しました。

「赤血術式」を持つ脹相は自身の血の繋がった弟達の異変を感じ取る能力を持っており、虎杖が死に瀕した時もそれを感じ取ってしまった、とのことでした。

明治時代に生み出された「呪胎九相図」である脹相ですが、その「呪胎九相図」を生み出した加茂憲倫が現在も偽夏油として生きていることから、虎杖も偽夏油により生み出された存在=自分の兄弟として、「全力でお兄ちゃんを遂行」しようとします。

虎杖達はこのような事情や考えを知らないため、少し前まで自分達と戦っていた脹相が突如自分のことを「虎杖のお兄ちゃん」として参戦したことに戸惑いを覚えつつも、偽夏油に対抗するため、彼と共闘します。

ivGl82Xt2xKdt1NZs77n6phLgE1t4xQxR6TreUS8.png
©呪術廻戦/芥見下々

これまで、虎杖の隠された力として「相手の記憶を改変する」というものがあるのではないか?という考察がありましたが、虎杖と脹相は少なくとも「血は繋がっている」という事実が判明しました。

呪霊と人間のハーフとも言える「呪胎九相図」ですが、それを作りだした偽夏油=加茂憲倫が現代まで暗躍しているのであれば、似たような存在が他にも作られている可能性があります。

それが虎杖であり、他にも脹相の兄弟と言える存在がこの100年近くで作り出されているのではないのでしょうか?

裏梅の術式が「氷凝呪法」と判明!

rVvmeV1gnDX31aWddQB7W8gVS19NJpC7MXIscA4X.png
©呪術廻戦/芥見下々

宿儺の崇拝者であり、偽夏油と組んでいる裏梅の術式が「氷凝呪法」であることが判明しました。

強力な氷の術式であり、瞬時に広範囲を凍結させることができる他、小さく鋭い氷を指に纏わせる、巨大な氷塊を落とすといった精密さと出力の大きさを併せ持っています。

加えて、反転術式すら使いこなし、ほぼ一人で虎杖たち高専メンバー+脹相を圧倒するほどの実力を持っています。

偽夏油は裏梅に、「虎杖たちを(メッセンジャーとして必要だから)殺すな」と釘を刺しますが、裏梅はメッセンジャーは宿儺の器である虎杖一人で十分とし、全滅させようと襲い掛かってきます。

nfeGYhd0GHpjhOhVyHWqDJbcvLydRH4d9jNkLJ84.png
©呪術廻戦/芥見下々

特級呪術師 九十九由基参戦!

CFra3sx53RmavRyWl7MqEqtMQVpatQPEmKaBKt5k.png
©呪術廻戦/芥見下々

裏梅の術式により死を予感した高専メンバーですが、そこで彼らを救ったのは特級呪術師の九十九由基でした。

九十九はこれまで回想のみで登場していたため、本編では初登場となります。

九十九が登場したことにより、偽夏油と裏梅に戦力的に対抗できるようになりましたが、そもそも渋谷事変真っ只中であるにも関わらず、どうやってこのタイミングで参戦できたのでしょうか。

カギは歌姫の術式にあるのではないでしょうか。西宮も虎杖に「歌姫先生の準備ができるまで時間を稼ぐ」と発言しており、歌姫のやろうとしていることが「時間がかかる」かつ「この状況を打開できる」ことを示しています。

たとえば歌姫の能力が「転送」であれば、強力な助っ人である九十九を呼び出したのかもしれませんね!

 

mdi-comment-text-multiple-outline みんなのコメント

記事作成手順 ガイドライン 利用規約 お問い合わせ 2021 - コミックWiki