釘崎野薔薇を解説!死亡したと思われたが実は生きている?生存の鍵となる反転術式の効果を徹底考察!!

mdi-eye 1070 mdi-folder-star-outline 0

釘崎野薔薇(くぎさきのばら)は、少年漫画『呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)』の登場人物。田舎が嫌で東京の呪術高専へ転入してきた3級呪術師。主人公の虎杖悠仁(いたどりゆうじ)とは同級生で、同じ東北出身だからかよく意気投合している。

呪術廻戦
mdi-pencil 編集する mdi-history 編集履歴
Wica3UpStmgeAASjNbsSLA3h7FTGhIRAet7K7HmV.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

プロフィール

誕生日 8月7日
身長 160cm未満
所属 東京都立呪術高等専門学校一年
等級 三級呪術師
出身地 盛岡まで4時間かかる田舎の村
趣味 暇ができたらとりあえず買い物
一人称 「私」
イメージソング
  • サニーデイ・サービス『青春狂騒曲』
  • 日食なつこ『あのデパート』
CV 瀬戸麻沙美

 

呪術廻戦の紅一点、釘崎野薔薇とは?

nLhXqLTDyyEv2XuMdcsp7ULi8GkRFufxfpJkd3uM.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

釘崎野薔薇は呪術高専1年で主人公の虎杖悠仁や伏黒恵とは同級生です。

「芻霊呪法(すうれいじゅほう)」と呼ばれる藁人形に釘を刺して相手を呪う術式を扱います。

東北の田舎出身で、沙織ちゃんという東京から来た年上の少女に憧れて仲良くしていたが、田舎者を馬鹿にしているという理由で沙織ちゃんを村八分にした村人を嫌っており、金銭的援助を受けれて東京に住める呪術高専へと転入します。

転入後は東京を満喫しており、暇が出来たら買い物やオシャレしたり観光をするなど東京を楽しんでいるようです。

 

・性格

A1I40UmRO9xuVWMYFVVrzivU4At06B6KOJsPC9TZ.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

性格は喜怒哀楽が激しく我も強いです。

気に入らなければ年齢問わず図々しく、気が合えば仲良くと非常にわかりやすい性格です。

また出会って2週間の虎杖が死亡した際は涙を堪える等、仲間想いな一面も持ち合わせています。

虎杖に命を懸けた戦いをする呪術高専への転入理由を聞かれた際は「私が私であるためだもの」と答えており、自分を通す為なら命を懸けられる非常に芯が通った性格だと言えます。

戦闘の際は基本的に高圧的で相手を挑発するような態度を取ることが多いですがその実、冷静に状況を分析して戦います。

相手の術式で毒を受けた際は芻霊呪法でカウンターをしたり、釘で相手を追い詰めて術式で高所から落としたり等、自分の強みを最大限に活かした戦闘スタイルをしています。

X1YSaYlKCfZkZzpYdDhb7xB5nuYU2SSL8Dopn45y.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

・人間関係

GzeNP8sSxZmFNcsrkFzumerqKN7SRZNwz2NWsP0W.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

同じ東北出身である事から虎杖とは意気投合しており、伏黒に関しても仲間として信頼しています。

担任教師である五条悟には信用はあるものの、よくも悪くも五条悟なので扱いは悪いです。

2年の先輩とは全体的に仲が良く、自分を通す為に家を出て呪術師として大成するために努力をする禪院真希を敬尊敬しています。

rWDvsJMZumg8eonDwlwrU20a46EGhGSMGGlwSJwK.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

釘崎野薔薇と虎杖悠仁の関係性

5VIuLlwSUnEUHhge49ali7DjqgtdNyF2iVh4gq5J.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

釘崎野薔薇は呪術廻戦のヒロインとされる存在です。しかしながら作中のふるまいを見る限り、あまり王道のヒロインっぽくはありません。

果たして釘崎野薔薇は虎杖悠仁のことが好きなのでしょうか。

それに触れているのが第8巻64話の「そういうこと」です。

LYTdWTvvhmQfi0f6kZt5Y9IZU3lazLd7mkRmAY16.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

この話では虎杖の事を中学生の頃から好きだった女子「小沢優子」が登場しています。

小沢は中学の頃は肥満体型でしたが、中学卒業を機に東京に引っ越してストレスで痩せ、15cm身長が伸びて別人のように綺麗な女性に成長していました。

釘崎と小沢は偶然街で遭遇して意気投合、小沢は釘崎に「今の自分なら」と恋愛相談をした際に「もし釘崎さんも虎杖君のこと…」と聞いた時に釘崎は「ない」と断言しています。

しかし釘崎は次のコマで「もやぁ」と胸に違和感を感じていますので、釘崎は虎杖の事を気にし始めているのは明白です。

その後、「自分より早く虎杖に彼女ができるのがなんかムカつく」と言っていますが、果たしてそうなのでしょうか?

HIodRovZlkTKePCQFSwmKcNSXryka8nDIeEHnF3v.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

直前の「起首雷同編」では、特級の兄弟呪霊「壊相」と「血塗」を虎杖と協力して祓っており、その際の会話で「私の人生に関わっていない人間にどうこうされたくない」と言っていますが、続けて「アンタみたいに自分で椅子を持ってきて座ってる奴もいるけどね」と言っており、虎杖を特別な人間として扱っています。

なので今後、釘崎にとって虎杖は恋愛対象、ないしは特別な相棒になることは間違いないと言えるでしょう。

KseLpbZzRkUTTO3dzsdtQdPNpUPWSrYLVECGIB5a.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

術式

・芻霊呪法とは?

EnNZgslmbz5uLiDjTyGCaCPuZvA6AW2kQQXYjhZv.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

芻霊呪法とは藁人形に金づちで釘を打ち込み、相手を呪う非常にわかりやすい術式です。

釘崎はこの術式を巧みに操ることで格上相手にも有効打を与える場面も多く、条件さえ揃えば一定以上の活躍ができる強力な術式と言って間違いないと言えるでしょう

 

・芻霊呪法「簪(かんざし)」

u2JiYv86KCslyXTzdLTC0cGoO5yYX9LzR6LTfNY5.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

釘に呪力を送り、釘の形状を拡張して殺傷力を高める術式です。

非常に汎用性が高く、釘を金づちで飛ばしたシンプルな使い方から、あらかじめ釘を刺しておき後で呪力を送ることによって時間差で攻撃したりと、用途は多種多様です。

 

・芻霊呪法「共鳴り(ともなり」

YBGzt62q17xXxo0UZkIWmDu2sqmRoqguBBDHQArs.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

対象の欠損した部位に藁人形を通して呪力を打ち込む術式です。

術式の指定範囲がゆるく対象の実力差、欠損箇所の希少価値などで効果が変わります。

血などは採取難度が低いため効果が薄く、腕や臓器などになれば効果が跳ね上がります。

例外として自分の体が相手の術式の影響を受けている場合は、自分に釘を打ち込むことで相手にカウンターをすることができます。

分身などにも効果的で、分身に共鳴りを打ち込むことによって分身を通して本体にダメージを与えることができます。

「簪」や仲間との連携で「共鳴り」を使える状況を作ってから使う必殺の術式と言えるでしょう。

 

・黒閃(こくせん)

7PRyimNRBIlj8lTFGxJ8B5SWNDA2NETJidAVUfCX.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

黒閃とは打撃との誤差0.000001以内に呪力が衝突した際に生じる空間の歪み、その時呪力は黒く光り、威力は2.5乗になります。

黒閃を決めるとアスリートで言うところのゾーン状態になり、ポテンシャルを120%引き出すことができるようになります。

また黒閃を経ることによって呪力の核心へと迫り、黒閃を決める前とは別次元のレベルになると言われています。

作中では1級術師になる為の壁と言えるもので、釘崎は黒閃を経たあとに1級術師への推薦を受けています。

fQw2fB6nH20eOPkI7Bh6xOf3qCjM5RWs2F9dQFQa.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

高専での活躍

Wx1J1qxQjQVk6O1COzeoe4dPqXZd0xzW0E6Jb8WH.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

釘崎は高専転入直後は3級術師で余り活躍しませんでしたが、交流会編では2年の先輩との修行によって2級術師の西宮桃と互角の戦いをしています。

その後、起首雷同編で覚醒し特級呪霊と互角に渡り合い、虎杖と共に祓っています。

この戦いで黒閃を決めて呪力の核心を掴んだ数少ない術師となり1級術師への推薦を受けます。

渋谷事変編の特級呪霊「真人(まひと)」との戦闘では、魂を捉えないとダメージを与えられない真人に対して、虎杖を除けば唯一有効打を与えられる「共鳴り」で手傷を与えて活躍しましたが不意の反撃を受けて、真人の術式「無為転変(むいてんぺん」により顔の左半分が吹き飛んで心肺停止状態になりました。

oW55Rjmm2g8SqoRj9NaDGDgnDLjqMN3dkKEBBILA.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

釘崎野薔薇が死亡?蘇生の可能性はあるのか?

97cjcnoQGZvkKYqKw6XTu8SBocaP1rMjfvR6KjC9.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

釘崎は138話時点では安否不明の状態になっています。

しかし京都校1年の新田新の名称不明の術式「今までの傷はこれ以上悪化せず、治ってはいないが出血も止まり、痛みもやわらぐ」という術式で心肺停止状態で治療されています。

続けて「時間はそんなに経ってないんで助かる可能性は0じゃない。俺は彼女を連れて離脱します。」と言っており、釘崎が蘇生する可能性が残っています。

おそらく医療班として渋谷に来ている、数が非常に少ない「反転術式」の使い手である家入硝子(いえいりしょうこ)の元へ治療しに行ったと思われます。

UwGNL5RoeUG7XdiH3LVBReQDa8wehXMobXIQcdGk.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

反転術式とは?どの程度の傷まで治療できるのか?

iYfIX90gJx4YGKrfvwAKXU2WlL30CTFrPp8MBJTX.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

反転術式とは傷を治療する術式で、マイナスエネルギーである呪力同士を掛け合わせることによりプラスエネルギーにして傷を治すという術式です。

効果が明らかになったのは懐玉編で、五条悟が反転術式を使用した際は、首にナイフのような呪具を刺された後に全身を何度も刺突されており明らかな致命傷を受けていましたが、のちに反転術式で傷を癒して復活しています。

このことから致命傷を受けていても、脳などの重要な箇所で無ければ傷を癒して蘇生する事が可能であると言えるでしょう。

pCIRMbmfMlFjOLXyYXbMnMPkYDT3oQzAnRwRwHfm.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

釘崎が受けた傷は治療可能なのか?無為転変の新たな事実?

POUEdhA2OdFPYCVma5XuhKL01zh49Zb2BZaHQ5m3.png
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

脳などの重要な箇所でなければ治療可能ですが、釘崎が受けた傷は顔の左半分が吹き飛び、目玉も飛んでいます。

ここで釘崎の顔を吹き飛ばした真人の術式「無為転変」を効果を簡単に解説していきます。

無為転変とは手のひらで触れた人間を変質させ異形に変えたり、肉体を膨張させ破壊する術式です。

後に明らかになったのですが、触れている時間で効果の強さが変わるような描写が出てきました。

これが明らかになったのは虎杖と共闘していた京都校3年の東堂葵(とうどうあおい)との戦いの時です。

東堂は術式発動のために真人の手のひらを叩いており、一瞬しか触れていない東堂の手のひらはグツグツと火傷のような傷になっていましたが、変質して手を切断するレベルには至りませんでした。

なので触れている時間で効果量が変わるのは間違いないと思われます。

aqJl9PSI7gbC8ZwBtXODBmfkwDdIGh474ADfKKvu.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

そして釘崎が無為転変を受けた時は顔の左半分にビンタのような形で入っています。

なので釘崎の顔の表面は吹き飛んだものの、脳などの最重要器官は無事とみて間違いないでしょう。

不安材料である頭の原型を留めているかに関しては、よく見ると頭の原型は留めているように見え、治療して復活する可能性は高いと言えます。

SVgYkKdHC6I86jxMyBCjhIujgDwS7zywAqwGaz6a.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

釘崎野薔薇の今後展開

zlA2MsGlKEFZTSB2CSRreFSvzYryJiSKIhk2tH5u.jpeg
©呪術廻戦 芥見下々/集英社

 

釘崎野薔薇が今後復活するとしたら、おそらく顔の左半分に大きな傷が残る可能性が高いと思われます。

138話時点での虎杖は高専に追われる身になっており、釘崎の性格からおそらくは虎杖を追いかける展開になると思われます。

 

まとめ

・呪術高専1年で、田舎から東京へ上京してきた芻霊呪法の使い手

・喜怒哀楽が激しく仲間想い、戦闘の際は態度とは逆に冷静な判断をする

・虎杖のことは特別な存在として気になっているが、その気持ちに気づいていない

・芻霊呪法は藁人形と釘を使った術式で、釘を強化したり相手の欠損箇所を触媒に相手に攻撃する強力な術式。黒閃の経験者として今後伸びしろがある。

・序盤では目立った活躍は無いものの、黒閃を経て急激な成長を見せて特級ともある程度戦える実力になる。

・顔が半分吹き飛び心肺停止状態になるが、傷の進行を止める術式と反転術式で復活する可能性がある。

mdi-comment-text-multiple-outline みんなのコメント

記事作成手順 ガイドライン 利用規約 お問い合わせ 2021 - コミックWiki